« ウォーク・ハード ロックへの階段 | トップページ | DANCE WITH THE DEVIL 悪魔と踊れ »

ROCKER 40歳のロック☆デビュー

Rockers

2008年の映画。
TSUTAYA独占レンタル

ロックバンド「ヴェスヴィオス」は、ドラマーの
フィッシュが中心となって作ったバンドだったが、
デビュー寸前、フィッシュ自身がクビを切られてしまう。
ーいつかオマエらを見返してやる!
それから20年後。
フィッシュは40を越えたが、会社で働く毎日。
一方、ヴェスヴィオスは大御所メタルバンドに成長。
それが気に入らないフィッシュはクサクサした日々を送っていたが、
それが発端で仕事をクビになり、姉の家にころがりこむ。
姉の息子(デブの高校生)は、
プロムバンドのヘルプをフィッシュに頼む。
プロムでドラムを叩き、フィッシュは忘れていた夢を思い出す。
そして、ここに、中年男のドラマーがいる以外は、
ナイーブなポップスをウリにした高校生バンドが誕生する。
メンバーはボーカル(内気なやさ男風)ベース(パンク少女)、
キーボード(でぶの甥ッ子)そして中年ドラマー、フィッシュ。

youtubeでアクセスが増え、レコード会社の目にとまり、
myspaceでファンを増やす、という、
今時の展開からはじまるこの物語なのだが、
これは、40歳の中年男が憧れる、
SEX&DRUG&ROCK'N ROLLの男臭い夢と、
今時の若者の実情とのギャップがポイントだと思う。

メンバーの若者3人は、ツアーに出ても、
ホテルの部屋で、ケータイをいじったり、
PS3で遊んでいるほうが好き。
一方、40歳の脂ぎったおやじドラマーは、
女をはべらせ、派手な羽織を着て、
ぶよぶよした腹を惜しげもなくみせ、毎夜、飲み歩く。
若者3人に、ロックとはこういうものだ!と教えるため、
ホテルで暴れ、ホテルのテレビを窓から落とし、
(ストーンズの真似)しまいには全員逮捕。

逮捕すら40歳のおやじにとっては、ロックンローラーの証。
釈放されると、ファンがだしてくれたのだと思い込み、
ロックの魔法だ!と大はしゃぎ。(これもストーンズのエピソード)
実際は、カンカンの親達がツアー先までやってきて保釈金を払いにきた。
ツアーはもう許しません!のすったもんだの挙げ句、
結局は、親同伴でツアーへ。
最終的には、自分のバンドを奪った憎き昔の仲間、
ヴェスヴィオスの前座をやる羽目になり…。
という物語。

ビックになったヴェスヴィオスはいかにも!な感じのビジュアルで
それだけで笑えるんだけど、プロフィールをイギリス出身と偽り、
わざわざイギリス訛りで話すところにウケた。
ロックはUKが本流という幻想があるのか?

この物語、特典映像で知ったのだが、
実在するビートルズのドラマーが元になっているという。
ピート・ベストは、ビートルズがブレイクする寸前に
クビになったドラマーで、音楽をやめて公務員として暮らした。
今は引退しているが、この映画に本人役でカメオ出演している。
特典映像では、自らの人生とフィッシュの人生を重ねて語っている。
自分には、長年連れ添った妻と子供や孫がいてとても幸せだ。
もしかして、ビートルズの中で一番幸せなのは、僕かも知れない。と。
そこが一番ジーンときたかな。
どんな人生を送っても、自分の人生を後悔したい人はいないのだ。

|

« ウォーク・ハード ロックへの階段 | トップページ | DANCE WITH THE DEVIL 悪魔と踊れ »

音楽」カテゴリの記事

それ以外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ROCKER 40歳のロック☆デビュー:

« ウォーク・ハード ロックへの階段 | トップページ | DANCE WITH THE DEVIL 悪魔と踊れ »