« ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 | トップページ | ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト! »

LET IT BLEED 40YEARS OF ROLLING STONES VISUAL HISTORY 1962-2002

Letitbleeddvd

これは…凄かった!凄かったよ!
ストーンズデビュー40周年を記念して
ヨーロッパで放送された3時間スペシャル。
1962年〜2002年までをすごいメンツのインタビューで綴ってある。
伝記本で読んで名前だけ知ってた人がじゃんじゃん登場!
見る伝記本といってもいいぐらいの決定版だ。

ストーンズ結成前に、ミックを自分のバンドで
歌わせてあげたアレクシス・コーナーとか、
ストーンズがブレイクするきっかけになったクラブ
クロウダディ(クラブ)のオーナー、ジョルジオ・ゴメルスキーとか、
ブライアンの2番目の彼女だったリンダさんとか、
初期ストーンズ専門カメラマンだったマンコヴィッツとか、
黒魔術に傾倒しミックも仲間にいれようとしてたケネス・アンガーとか、
ミック&キース&ブライアンが住んでいたアパートのおとなりさんとか、
伝説のグルーピー(今はケバいおばさん)とか、
インタビューをとってくる人物がいちいちツボを得た人選なのだ。
もちろん、メンバー本人のインタビューやPV、ライブ映像も
随所にちりばめてあるし、私の好きなマリアンヌ(ミックの元彼女)とか、
アニタ(キースの元彼女)のインタビューもあり!
他にも有名どころとしては、ポール・マッカートニーとか。
至れり尽くせり!

そして、どこから見つけてきたのかレアな映像の数々。
前から見たいと思っていた、ミックのテレビ初出演の映像まであった。
ミックのテレビデビューは、ストーンズとしてではなく、
実は、幼少の頃だったって知ってました?
お父さんが体育教師だった縁で、体育番組に出演したことがあるのだ。
山登りをしている少年ミックが見れる。
ショートカットで、いいとこの子みたいな雰囲気。
この時のことを語るミックのお父さんまで登場する。

ブライアンがあちこちで子供を作ったのは有名だが、
自分の子の夫はブライアンの子だといいはる女性が、
テレビ出演してそれを訴えている映像もあった。
わざわざその子をブライアンと全く同じ髪型にして、
「私を愛して、捨てた」といういかにもなタイトルで出演。
子供の顔がブライアンそっくりで、
これじゃブライアンも否定できないわな、と
にやにやしてしまった。

このDVDは音楽雑誌の編集の人やストーンズの元PR担当、
ストーンズの伝記本作家のインタビューが一番多いのだけど、
一番最後に伝記本作家が、突然キレて、怒鳴りだして、
ファックファック連発して、びっくりした。
狂ったかと思った。
なんだろ、あれ。アメリカンジョークかな?小芝居かな?
まぁともかく素晴らしいドキュメンタリーだった。
内容がわからなかったことをのぞけば…。




そうなのです!



これもまた日本語字幕無しなのでした。
悲しい。
まるで、蛇の生殺しですわ。
こんなにおもしろそうなDVDの内容が
ほとんど理解できないなんて。

日本の子供たちよ。
数学とかはどーでもいいから、英語だけは学んでおけ。
あとで絶対後悔するから。

|

« ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 | トップページ | ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト! »

音楽」カテゴリの記事

THE ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LET IT BLEED 40YEARS OF ROLLING STONES VISUAL HISTORY 1962-2002:

« ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 | トップページ | ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト! »