« 永遠の反逆児ミック・ジャガー/ミック・ジャガー語録 | トップページ | ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 »

パイレーツ・ロック

Prock_2

公開中の映画。
1966年、イギリスには国営のBBC以外放送局がなく、
BBCがロックをかけるのは1日たったの45分だけ。
そこで海の上に浮かぶ、海賊ラジオ局が乱立。
24時間ロックを流し続けた。
それを取り締まるお役所との攻防戦や、
船に閉じこもってロックを交代で流し続ける
DJ達の日常を描いた物語。

この監督は、間違いなく、ストーンズファンだね。
映画の一番いいところ、ここぞ!というところで、
Jumpin'Jack FlashとLet's spend the night together
が流れて、壮快だった。

みどころは…うーん。
ストーリーではこれといってないのだけど、
当時の音楽の有名どころが大体流れるみたいなので、
その辺が好きな方は、もうたまらないだろうということ。
あとは、当時のイギリス人がどうやってロックを聞いていたか、
っていうところが私にはおもしろかった。
子供は枕の下にラジオをかくして寝ながら聞いていたり、
仕事中に聞いていても上司がくるとラジオを消したり、
バーやクラブでは大っぴらに聞いていたようだけど、
聞くことはかなりうしろめたい行為だったらしい。
それがよくわかった。

イギリスでロックが国益にかかわるほど伸びたのは、
ビートルズやストーンズが出て来た最盛期に、
ロックを禁止されていたからに違いない。
禁止されたものは、どうやっても欲しくなるのが人間。
他国より余計、ロックにどん欲になったのだろう。
それで、いい音楽が生まれたのだ。
イギリスは今もミュージシャンが海外ツアーで
稼いでくるお金で潤っているらしい。
イギリスってのは変な国だ。

私は音楽の仕事をしているけど、
音楽の仕事なんて、昔でいったら、道化師の部類ですよ。
農民や兵士や町民と違って、エンタメをお届けする道化師は、
生活力がなくて、国が危機に陥ったら、
真っ先に職にあぶれそうな、ふわふわした職業だ。
そんなふわふわしたもので、国を豊かにしているイギリスって…。
なんか変だ。なんかすごい。

でもそんな職業を私は気に入っている。
不景気になると真っ先に仕事がなくなるけど…。

パイレーツ・ロック 公式サイト

|

« 永遠の反逆児ミック・ジャガー/ミック・ジャガー語録 | トップページ | ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 »

それ以外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・ロック:

« 永遠の反逆児ミック・ジャガー/ミック・ジャガー語録 | トップページ | ロック・スター/マーク・ウォールバーグ主演 »