« THE ROLLING STONES THE SINGLES 1962-1970 | トップページ | ミック・ジャガーという生き方 »

ベロTデビュー

Mytongue

ついにベロデビュ−しました!

普段、地味で渋い色しか着ない私。
真っ赤なベロTなんて着れないよぅ…
と、ぼやきながら通販サイトをさまよっていたら
珍しい黄色いベロTを発見。

もちろん、即、お買い上げ。

でも、取り寄せてみたら、黄色じゃなくて金色で、
ピカピカ光るラインストーンのベロでした。
やばい。
赤のベロより派手だ。

でも古着っぽくて着心地いいので、
結果的にはかなり気に入ってます。
これでファン装備もばっちり。
どんと来い、ストーンズ。

ここでストーンズロゴ、豆知識。
このロゴは71年のアルバムSticky Fingersの時から使われはじめた。
有名なデザイナーではなく、無名の美術学生が考えたもので、
当時の報酬は1万円だったそうだ。
学生にはのちにミックから4万円のボーナスが支払われたとか。
2008年、イギリスのVictoria & Albert Museum は、
ロゴのオリジナルアートを1000万円で購入している。

よく言われることだけど、やっぱり言いたくなるあの言葉。
ミックのケチ!

amplifiedのstonesTシャツ

|

« THE ROLLING STONES THE SINGLES 1962-1970 | トップページ | ミック・ジャガーという生き方 »

ころころストンメモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベロTデビュー:

« THE ROLLING STONES THE SINGLES 1962-1970 | トップページ | ミック・ジャガーという生き方 »