« ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌 | トップページ | シャイン・ア・ライト その1 »

ストーンズ・オン・TV

Ontv_2

ロックの歴史や時代背景を見せながら、
ストーンズが誕生したいきさつや出来事を
70年代初めまでを追ったもの。

このDVDは全編モノクロで、30分程度しかないのに
けっこうお高いので、あまりおすすめできない。
特筆すべきは、Charie Is My Darlin'という
ストーンズ初のドキュメンタリー映画から
貴重なインタビュー映像や、
ファンにもみくちゃにされるストーンズなどが、
ちょっとだけ見られるところ。

Charie Is My Darlin'は、
65年のアイリッシュツアーに密着したもので、
いくつも有名な映像がつまっている。
例えば、ブライアンが酔っぱらって、
「俺は今のストーンズの音楽には満足していない」
と言っているシーンなど。
必死に日本語字幕つきを探したが探せなかった。
私にとっては幻の、そしてあこがれの映画。
youtubeに細切れであがっていたけど、
字幕がないのでやはりわからない。
日本版を切に願う!

このDVDでわかるのは、ストーンズが
いかに大人に嫌われていたかということだろう。
今の感覚だと全然長いとは思えないのだけど、
当時のイギリスでは、ストーンズは
長髪で汚らしいと思われていたようだ。

髪にまつわるストーンズの有名なシーンが2つ見れる。
「その髪はカツラですか?」と聞かれる記者会見。(USツアーの時)
それに対してワイマンが茶目っ気をだして、
髪をカツラのように上下させてみせる。
ちょっと微笑ましい。
また、初のUSツアーで出演した番組では、
ディーン・マーティンによる露骨なおちょくり攻撃にあう。
「最近のバンドは長髪だと思われているが
 生え際が低くて眉毛が高いだけさ。」
これにはメンバー全員、怒り狂ったらしい。

ミックの、活きのいいまぐろみたいに
ピチピチしたパフォーマンスが見れる、
Tami ShowのAround and Aroundはもう絶品!
ジャンプあり、痙攣ありの失神もの!1:20〜↓

|

« ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌 | トップページ | シャイン・ア・ライト その1 »

THE ROLLING STONES」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストーンズ・オン・TV:

« ワン・プラス・ワン/悪魔を憐れむ歌 | トップページ | シャイン・ア・ライト その1 »